エルメスバッグマニア

トップページ > エルメスについて > エルメスの歴史

エルメスの歴史

エルメスの歴史

 
エルメスのはじまりは、
ティエリ・エルメスが1837年に開いた馬具工房。
(エルメスのブランドロゴもここから由来しているのでしょう)
 
そして顧客もナポレオン3世やロシア皇帝など、
当時の著名な顧客を抱えてどんどん発展していきます。
 
その後創始者ティエリ・エルメスの孫、
3代目のエミール・モーリス・エルメスが事業の多角化を進めていきます。
 
1890年代には馬具製作の技術やノウハウを応用して、
エルメス最初のバッグである、サック・オータクロアが完成します!
 
そして1927年には時計を発表して、
その後も次々服飾品・装飾品・香水などの分野にも手を広げていきます。
 
そしてエルメスはそれらの製品の、
デザイン、製造、販売をすべて手がける会社になりました。
 
特に馬蹄柄のスカーフとケリーバッグで不動の人気を獲得できました。
(両方とも、今でも不動の人気がありますよね?)
 
 

ケリーの誕生

 
中でもケリーバッグは1935年に発売されてましたが、
当初はサックアクロアと呼ばれてたんですが、
後に女優のグレース・ケリーが愛用していて、
 
カロリーヌ皇女を懐妊した時、
写真撮影でとっさにお腹を隠したのがこのバッグであったことから、
ニックネームが付き、とうとう1955年には正式名もケリーバッグに改名されました。
 
 

バーキンの誕生

 
同じように人気を誇るバーキンの名も、
当時のエルメス社社長であったジャン・ルイ・デュマ・エルメスが、
飛行機の中でたまたまイギリス出身の女性歌手ジェーン・バーキンと隣合わせになり、
彼女がボロボロの籐のカゴに何でも詰め込んでいるのを見て、
 
「整理しなくてもタップリ物が入るバッグを僕に作らせて!!」
…とお願いしたエピソードに由来しています。
 
結局バーキンの原型のオータクロアをはるかにしのぐ人気のバッグになりました。
 
他にも、エルメスのバッグには発注者や著名な持ち主の名が付いたモデルがけっこう多いんです。
スーパーモデルのエル・マクファーソンが発注したエルや、
日本人男性(!)が発注した大型旅行鞄マレット・タナカなどもあります。
 
…日本では女性の支持率がダントツですが、
バッグなどでは男性からの支持も高く人気も絶大であり、
特にフールトゥやエールラインは価格も手ごろな為に定番バッグとして、
海外ではスタンダードのようです。
 
 

現在のエルメス

 
またエルメス社が初めて作った社史は 漫画形式で、
日本の漫画家に依頼して制作したとか。
エルメスはけっこう日本びいきなんでしょうか?(笑)
漫画形式の社史、かなり見てみたいです。
 
そしてとうとう2004年、マルタン・マルジェラの後継として、
あの、ジャン・ポール・ゴルティエがデザイナーに就任。
(奇抜すぎて大丈夫?と思いましたが、大丈夫どころかすごく良くなりました)
 
2004年パリ・コレクションでは、
エルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつも、
オレンジ・黒を中心とした鋭角的で、
かつブランドの風格を意識したデザインでした。
 
 
 

エルメスバッグマニアはいかがでしたか?

 
もしあなたが気に入っていただけたり、
このサイト、ページがお役に立てたのでしたら
 
ぜひソーシャルブックマークやツイッターで
他の皆様にもお知らせいただければとても嬉しいです。
 
以下のボタンより簡単に追加できます。




 
 

ランキング参加中

 
エルメスの魅力をもっといろんな方に
知っていただきたいと思い、参加いたしました。
 
あなたの応援クリックをぜひお願い致します。
 
 
⇒ ブログランキング
 
 

 

バーキン Birkin ショルダーバーキン Shoulder Birkin ケリー Kelly ボリード Bolide オータクロア haut-a-croire プリュム Plume エブリン Evelyn ガーデンパーティ Gardenparty ピコタン Picotin エールバッグ Her Bag エルメスバッグマニア HERMES Bag Mania