エルメスバッグマニア

トップページ > エルメスバッグの種類 > バーキン Birkin ~バッグの頂点に君臨するトップ・オブ・エルメス

バーキン Birkin ~バッグの頂点に君臨するトップ・オブ・エルメス

バーキン参考リンク

 
⇒ はじめてバーキンを持つ方へ…
 
 

バーキンのフォルム

 
 
バーキンこだわりのディテール。
・クロアを金具に留めると、サイドのシルエットは美しい三角形に。
たっぷりとったマチの美しいドレープが驚きの収納力を実現しています。
 
・中の荷物をしっかり守ってくれるカデナ。
シルバーなど色やデザインは様々です。
 
・後ろ姿もフロントに負けない美しさです。
クロアは後ろで丁寧な縫製によって留まっています。
 
・バッグの底には4つのビョウがセットされており、
もし地面に直に置いたとしても、汚れやキズから守ってくれます。
 
・内側にはファスナー式とオープン式のポケットを
向かい合わせにひとつずつ装備されており、
収納力の良さがうかがえます。
 
・クローシュとカデナは巾着の中に。
大切なものだけに普段はしっかりしまっておきましょう。
 
・上部のマチ幅はクロアの長さを調整することで自由に変えられます。
このあたりもバーキンの収納力の高さを物語っています。
 
・フラップを開けると、裏には「HERMES PARIS」の刻印が。
これこそがエルメスの証です。
 
 

バーキンの歴史

 
流行を問わないデザイン、上質なマテリアル、
そして機能的なその構造…。

 
その美しい姿は、多くの女性を魅了してやみません。
エルメスの代名詞ともいえる存在のバーキン。
今やこのバッグなしにエルメスは語れません。
 
1984年、エルメスの社長であるデュマ氏は、
飛行機の中である女優と隣り合わせになりました。
彼女はあふれんばかりの荷物を詰め込んだ大きなバッグを持っていて、
中身は…ゴチャゴチャ…。
大事なものさえこぼれ落ちそうだったといいます。
 
それを見かねたデュマ氏は、
彼女の抱えるその荷物が全て入るバッグをプレゼントすると約束しました。
 
…その女優の名前はジェーン・バーキン。
 
こうしてジェーンのために作られたバッグは、
彼女の名前をもらってバーキンと名付けられました。
そのため、バーキンは荷物をどれだけ詰め込んでも、
そのシルエットの美しさは全く変わらないのが特徴です。
 
以来、世界中の女性たちを虜にしてきたバーキン。
ここ数年ではサイズ展開が豊富になったばかりではなく、
素材やカラーも増え続け、その魅力にますます拍車をかけています。
 
2005年には肩掛けができるショルダーバーキンも登場して、
今後の展開にも期待が膨らみます。
機能性、そして美しさ。
両方を兼ね揃えたのがエルメスのバーキンです。
世界中のセレブが競って買い求めるのも、当然かも知れません。
 
 

サイズ別にバーキンを探す

 
⇒ バーキン45
サイズ:W45cm/H30cm/D20cm
ハンドルとショルダーの2タイプがあるバーキンの一番大きなサイズです。
少し重いもののその収納力と貫禄は素晴らしいの一言。
残念ながら日本ではほとんど出回っていません。
 
⇒ バーキン40
サイズ:W40cm/H30cm/D21cm
初めて作られたバーキンはこの40cmサイズといわれています。
ジェーン・バーキンを目指すならこのサイズを!
 
⇒ バーキン35
サイズ:W35cm/H25cm/D18cm
永遠の定番として人気サイズがバーキン35cm。
収納力も申し分ナシ。
 
⇒ バーキン30
サイズ:W30cm/H22cm/D16cm
35cmサイズよりもひとまわり小さいバーキン30。
小柄な日本人がバランス好くキマるので日本では特に人気です。
 
⇒ バーキン25
サイズ:W25cm/H20cm/D13cm
2004年に発表された小ぶりな25cmサイズのバーキン。
パーティなどのナイトシーンで大活躍してくれそうなモデルです。

 
 

素材別でバーキンを探す

 
牛革素材
カチッとしたフォーマルさ、上品さなら牛革素材が一番です。
素材により様々なニュアンスがあるのもエルメスバッグの醍醐味です。
 
⇒ トリヨンクレマンス素材のバーキン
⇒ フィヨルド素材のバーキン
⇒ トゴ素材のバーキン
⇒ アルデンヌ素材のバーキン
⇒ クシュベル素材のバーキン
⇒ エプソン素材のバーキン
⇒ リエージュ素材のバーキン
⇒ ヴォー・ガリバー素材のバーキン
⇒ ボックスカーフ素材のバーキン
⇒ ヴォー・シャモニー素材のバーキン
⇒ ヴォー・バレニア素材のバーキン
⇒ ヴォー・ベロア・ドブリス素材のバーキン
 
爬虫類素材
細かいウロコの模様がゴージャスな雰囲気たっぷり。
高級素材としても有名なクロコダイルをはじめ様々な種類があります。
発色も美しく、まさに宝石のようなルックスです。
 
⇒ アリゲーター素材のバーキン
⇒ クロコダイルニロティカス素材のバーキン
⇒ クロコダイルポロサス素材のバーキン
⇒ リザード素材のバーキン
 
ヤギ革素材
牛革よりも軽くて滑らかで、しかもしなやかな素材です。
高価な素材ですが上品で繊細な印象は
バーキンとピッタリはまるため人気があります。
 
⇒ シェーブル・コロマンデル素材のバーキン
⇒ ヴィブラート素材のバーキン
 
オーストリッチ素材
その他の革素材です。オーストリッチはダチョウ。
しかしエルメスは斑紋の美しい部分しか用いないこだわりを持っています。
独特の模様と発色の良さが特徴です。
 
⇒ オーストリッチ素材のバーキン
 
布素材
バーキンバッグは革だけじゃありません。
布素材の令嬢カジュアルとも言うべき雰囲気は特筆モノ。
普段着バーキンとして役立ってくれます。
 
⇒ トワルアッシュ素材のバーキン
⇒ トワルジーン素材のバーキン
⇒ トワルポタモス素材のバーキン
⇒ クリノラン素材のバーキン
 
 
⇒ 詳しいエルメスバッグの素材はこちら
 
 
 
 

エルメスバッグマニアはいかがでしたか?

 
もしあなたが気に入っていただけたり、
このサイト、ページがお役に立てたのでしたら
 
ぜひソーシャルブックマークやツイッターで
他の皆様にもお知らせいただければとても嬉しいです。
 
以下のボタンより簡単に追加できます。




 
 

ランキング参加中

 
エルメスの魅力をもっといろんな方に
知っていただきたいと思い、参加いたしました。
 
あなたの応援クリックをぜひお願い致します。
 
 
⇒ ブログランキング
 
 

 

バーキン Birkin ショルダーバーキン Shoulder Birkin ケリー Kelly ボリード Bolide オータクロア haut-a-croire プリュム Plume エブリン Evelyn ガーデンパーティ Gardenparty ピコタン Picotin エールバッグ Her Bag エルメスバッグマニア HERMES Bag Mania